subversionでソース管理

せっかくですからさくらのVPSサーバを利用して、開発しやすいようにソース管理についても考慮していきます。

ってことでソース管理といえばCSVやらsubversionやらと色々とありますが、ここではsubversionを利用します。

とはいえ、http経由でのアクセスはセキュリティなど問題があるので考慮せず単純にSSH経由でのみ利用することとします(^^;

まずはsubversionのインストールということで下記コマンドをrootで実行します。

コマンド yum -y install subversion

このrootから通常SSH接続するユーザに変更します

例)sshuser

sshuserでsubversionとしてソース管理おこなうレポジトリを作成していきます。

とりあえずsshでログイン時ルートディレクトリとなる
/home/sshuser直下に作成するとして

snv操作をするディレクトリをsvn
レポジトリディレクトリをrepos

とした場合に下記コマンドを発行します

コマンド cd /home/sshuser
コマンド mkdir svn
コマンド cd svn

コマンド svnadmin create repos
コマンド svn mkdir file:///home/sshuser/svn/repos/trunk -m “create”
コマンド svn mkdir file:///home/sshuser/svn/repos/branches -m “create”
コマンド svn mkdir file:///home/sshuser/svn/repos/tags -m “create”

以上でSVNのサーバ側設定は終了です
なんて簡単(苦笑)

SVNクライアント側で例eclipseであれば新規SVNレポジトリロケーションの追加で

svn+ssh://sshuser@ipアドレス/home/sshuser/svn/repos/

でつながります。
※ポートを変更している場合はポートも設定してください







« | »