Nginx導入

Nginxを導入するにあたりソースからインストールする方法とyumからインストールする方法がありますが、ここでは簡単なyumからインストールする方法で説明していきます。

※以降は全てputtyなどでssh接続をしたコマンドプロンプト(CUI)での作業になります。
viエディタコマンドについては簡易コマンド一覧を作成しましたのでご参照ください。

レポジトリの追加とインストール

yumからnginxをインストールするために、yumを取得するレポジトリをはじめに追加します。
ファイルの中身についてはnginx.repoリンクの内容をコピーしてください。

コマンド vi /etc/yum.repos.d/nginx.repo

nginx.repoリンク

レポジトリの追加終了後yumコマンドでインストールします。

コマンド yum install nginx

関連パッケージ

phpを前提としたnginxでのWebサーバ構築をする場合の関連パッケージをインストールしていきます。

コマンド yum –enablerepo=remi -y install php-fpm
コマンド yum –enablerepo=remi -y install php php-devel
コマンド yum –enablerepo=remi -y install php-mcrypt
コマンド yum –enablerepo=remi -y install php-mbstring
コマンド yum –enablerepo=remi -y install php-mysql
コマンド yum –enablerepo=remi -y install php-pdo
コマンド yum –enablerepo=remi -y install php-pecl-apc

各コマンドでnginxからphpを動作させるために必要なphp-fpmと、最低限必要と思われるphpの実行環境を導入しています。







« | »